下取りの前に買取業者で 驚きの無料査定!

今すぐ試してみてください。

これが下取り価格よりも愛車を最も高く現金化する方法です!

下取りより高く売れる秘密はここから

普通に生活していると、車を廃車にする機会というのはあまりありません。
新しい車に乗り換える場合は、ほとんどの人が下取りに出したり、買取業者に買い取ってもらったりするのではないでしょうか。

 

しかし、車の状態によっては下取りや買取を断られることがあります。
走らなくなってしまった車などに、そのようなケースが多いようです。
そうなると廃車にしなければならないのですが、実は廃車と一言で言っても、いくつかの意味を含んでいます。

 

まず、廃車にする場合は陸運局に登録されているデータを抹消する必要があります。
廃車の手続きは、各地方にある運輸支局で行う必要があります。
ちなみに、軽自動車を廃車にする場合は、運輸支局ではなく軽自動車検査協会で手続きを行います。

 

また、抹消の仕方も2種類あります。
ひとつが「一時抹消登録」です。
これは一時的に車の使用を止めることで、再び登録し直せば、またその車で走ることができるようになります。

 

もうひとつが「永久抹消登録」です。
こちらは二度とその車が国内の公道を走れなくなるもので、車自体を解体した場合に行います。

 

抹消登録が済むと、今度は自動車そのものを解体します。
自動車を解体する際には、自動車リサイクル法に則った処理を行わなければなりません。
また、廃車にする際には、都道府県に登録されている業者に引き渡すことが義務となっています。

 

廃車にする際には費用がかかるのが通常ですが、場合によっては戻ってくるお金もあります。
たとえば、払いすぎた税金などが戻ってくるお金として挙げられます。

不要の中古車は下取りよりも買取、0円から100万円単位まで!?

わずか32秒で最大10社一括査定!
乗らなくなった愛車は、手軽なオークション感覚で一番高い買取業者選択。