下取りの前に買取業者で 驚きの無料査定!

今すぐ試してみてください。

これが下取り価格よりも愛車を最も高く現金化する方法です!

下取りより高く売れる秘密はここから

一般的に「廃車にする」という言葉が使われることが多いのですが、実は「抹消登録」というのが正式な名称です。
さらに、抹消登録の中にも「永久抹消登録」と「一時抹消登録」があり、このいずれかの方法に対して「廃車にする」という言い方をしています。

 

「永久抹消登録」というのは、文字通り二度とその車を使えなくすることを指します。
永久抹消登録は、車両解体完了後でなければ届け出をすることができません。
登録手続きをすると運輸局の自動車登録ファイルから消されることになるため、二度と日本国内を走ることができなくなります。

 

永久抹消登録にかかる費用は、普通車だと10,000から15,000円ほどです。
もし車検が1ヶ月以上残っているという場合には、戻ってくるお金があります。

 

それに対し「一時抹消登録」は、自動車の使用を一時的に止めることを指します。
たとえば、海外へ出張や留学に行くことになり、しばらく自動車を使わないという場合は、永久抹消登録ではなく一時抹消登録のほうが良いでしょう。

 

一時抹消登録をしておくと公道を走ることができなくなりますが、税金や自賠責保険といったお金を支払う必要がなくなります。
また、再度登録することで、再び公道を走ることができるようになります。

 

一時抹消登録にかかる費用は1,000円足らずで、解体するかどうか分からないけれど、税金などを節約するためにとりあえず抹消しておくといった使い方もできます。
ただし、永久抹消登録とは異なり、重量税の還付などで戻ってくるお金はありません。

不要の中古車は下取りよりも買取、0円から100万円単位まで!?

わずか32秒で最大10社一括査定!
乗らなくなった愛車は、手軽なオークション感覚で一番高い買取業者選択。