下取りの前に買取業者で 驚きの無料査定!

今すぐ試してみてください。

これが下取り価格よりも愛車を最も高く現金化する方法です!

下取りより高く売れる秘密はここから

もしあなたが廃車にしようとしている車にまだ車検が残っている場合、いくつかの戻ってくるお金があります。

 

その中のひとつが「自動車税」です。
自動車を所有している人なら誰しもが支払っている税金で、毎年5月くらいに納税通知書が送られてきているはずです。

 

運輸支局で抹消登録の手続きをする際に自動車税事務所にも行き、こちらも抹消登録を行います。
すると、申請から1?2ヶ月ほど後に通知書が来ます。
ただし、3月に廃車にした場合と、廃車にするのが軽自動車の場合は、自動車税の還付はありません。

 

次に、「自動車重量税」です。
こちらは車検の有効期限が1ヶ月以上ある場合に還付があります。
戻ってくるお金の額は、残りの有効期限の月割となります。
自動車重量税の還付は自動車税とは異なり、軽自動車にもあります。

 

そしてもう1つが「自賠責保険」です。
車検を受ける際には、必ず自賠責保険を支払わなくてはなりません。
こちらはまとめて支払うため、廃車した時点で有効期限が1ヶ月以上残っている場合には、返戻金があります。
この戻ってくるお金の額も月割となります。

 

自分で廃車にする場合は、これらの還付や返戻のための手続きも自分で行う必要があります。
これらの手続きには結構な手間かかるため、業者に代行してもらう人も多くいます。

 

ただし、廃車の手続きは中古車買取業者のすべてが行っているわけではありません。
事前にいろいろな業者に査定をお願いし、すべての手続きを代行してくれる業者を探しましょう。

不要の中古車は下取りよりも買取、0円から100万円単位まで!?

わずか32秒で最大10社一括査定!
乗らなくなった愛車は、手軽なオークション感覚で一番高い買取業者選択。