下取りの前に買取業者で 驚きの無料査定!

今すぐ試してみてください。

これが下取り価格よりも愛車を最も高く現金化する方法です!

下取りより高く売れる秘密はここから

廃車費用に悩んでいるなら

使わなくなった車を廃車にすると、戻ってくるお金があるということをご存知でしょうか。
もしかすると、知らないという人も多いかもしれません。

 

自動車を所有している人は、さまざまな税金を支払っているはずです。
廃車にした場合、その税金に応じて戻ってくるお金があるのです。

 

「えっ???  まさか???」と 驚かれるかもしれませんが本当の話なんです。

 

ちょっとした仕掛けがあるんです。

 

仕掛けというよりは「法律」で決まっていることを整理すれば、お金が戻ってくる仕組みがわかります。

 

簡単に言えば次のように二つの「税金」が戻ってくるという事なんです。

 

自動車に関する税には、まず「自動車重量税」があります。
こちらは、車検や新車を登録する際に、車の重さに応じて支払う税金です。
自動車重量税は国税のため、その金額の4分の3は国の一般財源となり、残りは市町村の道路整備などに使われます。

 

また、他にも自動車税がありますが、こちらは地方税の一種です。
どんどん傷んでしまう道路を修復するために負担しなければならない税金で、自動車を持っていれば、必ず支払わなければなりません。
廃車にした場合、これらの税金の過払い金が戻ってくることになります。

 

手続きは簡単で、運輸局で廃車手続きをすると、およそ2ヶ月後に還付の通知がきます。
この通知書を銀行などに持っていくことで、還付金を受け取ることができます。

 

最近ではテレビなどの家電をはじめとして、いろいろなものを処分するのにも費用がかかります。
廃車にするための費用も、もちろんかかります。

 

しかし、廃車にすることで戻ってくるお金があるということを理解しておけば、実質の出費も抑えられます。
もし、廃車費用で悩んでいる人が周りにいたときは、このことについて教えてあげるといいでしょう。

廃車にするしかないと思っていても

事故や故障などで動かなくなった車は廃車にするしかない。
そう思っている人は多いかもしれません。
しかし、そのような動かなくなった車でも、買取業者に買い取ってもらえることがあるのです。

 

動かなくなってしまって廃車しか道がないと思えるような車であっても、エンジンやオーディオ、タイヤ、シートなどには価値がある場合があります。
その車が大破でもしていない限り、まだまだ使える部品はたくさんあるのです。

 

買取業者は、その車を解体して使える部品だけを再び流通させることができます。
そのため、動かなくなって一見廃車にするしかないような車であっても、お金を出して買い取ることができるわけです。

 

また、車種によってはパーツ自体が貴重な場合もあります。
つまり、車として見れば使えなくても、部品単位で見れば価値があるというケースがあるわけです。

 

もしも自分で廃車手続きしようとすると、いろいろな手続きが必要になります。
解体業者に解体を依頼し、廃車手続きに必要な書類を集め、陸運局で廃車手続きをしなければなりません。
この流れを見ただけでも、だいぶ手間がかかりそうですね。

 

しかし、買取業者に頼めばこれらすべての手続きをしてくれますし、おまけに車を売ることで戻ってくるお金があるかもしれないわけです。
それなら、断然こちらの方がいいですよね。

 

たとえ車の売値がタダ同然で、戻ってくるお金がほとんどなかったとしても、さまざまな手続きを代わりにしてもらえることを考えれば、十分に検討する余地はあるでしょう。

不要の中古車は下取りよりも買取、0円から100万円単位まで!?

わずか32秒で最大10社一括査定!
乗らなくなった愛車は、手軽なオークション感覚で一番高い買取業者選択。


更新履歴